ひだまりのねこの生活

気ままに のんびり。 でも、好きなことには真っ直ぐに。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいわけ

いいわけって、いけないものだと思って育ったところがある。


  *   *   *


小さい頃、友達の家に遊びに出かけるとき
「5時のハト時計が鳴るまでに帰ってらっしゃい」などと
親に言われることがあった。

帰りが遅くなると心配する、
暗くなる前に子どもに帰ってきてほしいという親の心。
愛されてたなと思う。

でも、約束の5時のハト時計が鳴り終わるまでに帰れなかったこともあった。
遊びに夢中で、時間を忘れて
3分、5分過ぎてしまったりしたこともあった。
それでも姉とふたりで遊びに行ったときなんかは
子どもながらにも帰る時間に努力をしていたのだけどもね。

それでも親は ハト時計が鳴るまでにという約束が果たせなかったことを指摘して
遊びに夢中になってしまっていたことや
その遊びの友達との区切り、
また遊びに行った先での予想外なことなどという子どもなりの理由を
「いいわけはしない」と受け入れられることはなく
やはり当人の努力が足りなかったという捉え方で事の終止符が打たれた。


またあるとき。
人形遊びが好きだったのと、ひとり遊びでも夢中になれた性格のおかげで
ひとりでシルバニアファミリーなどで遊ぶことが多かった。
家を出して、家具を出して、ベッドには布団も用意して、
食器棚に食器を、本棚に本を、洗面台には石鹸やコップも置き、
更にはパン屋さんには商品のパンと飲み物を全部並べて用意して・・
ちまちました準備、子どもがあれを1人で全部用意するのにどれくらい時間がかかったのだろう。

そして いざ、遊ぶ時。
・・大抵 我が家の食事の時間になることが多くてね。
「片付けてからいらっしゃい」と、親が呼ぶ。
そのままにして食事に行ったこともあった。
「これから遊ぶから」と子どもながらに理由を言った。本当にそのつもりだった。
でも、親の理解は得られなかった。「いいわけはしないの」と言われた。
これは正当な理由じゃないのか、と子ども心に思った。

同様に、
人生ゲームでお金の準備が整って ゲームの前半に途中で打ち切りという場合も多かった。
姉と一緒にがっかりした記憶がある。


そうやって 「いいわけはいけないんだ」 って思って育った。


だから、両親に何かわかってもらいたいことがあったらば
およそどの角度で見ても理解してもらい得る理由を出さないと 受け入れられないなと思う。


例えば
進学するにあたって、実家から通える距離にしてほしい、という両親の考えがあった。
首都圏にある学校はほぼ自宅から通うことができるだろう、という理由もあってのことだったし、
首都圏は確かに様々な分野を学べるところでもあったから、納得のいくものでもあった。
実家から通えるところなのにわざわざ一人暮らしすることもない、とも思ってたのだろうし。

でも、その時期特に家を出たいと思っていた私は
自分が学びたいことが、実家を出て勉強したほうがいいものを身につけられるという情報を得て
また、その系統の学校を3校比較したうえで、自分が行きたい学校がいかに魅力的かを話して
それぞれの学校の卒業までの学費、寮の設備と寮費などを全て提示して
もちろん、自分が行きたい学校の魅力も両親に話した。

ここまでやればわかってくれるだろう。
それくらいのものを用意しないと納得してくれる親じゃないとも思ってた。
・・これにはさすがの両親も納得したのですけどね。


こんな家で育ったわけで
理由をいうなら、
誰もが納得できるものじゃないといけない って思ってしまうことがベースにあるんだと思う。
理由にならない理由って、いけないんだなって思って育ってきたわけだから。
だから
今も自分の中にいいわけしたいことが生まれても、押し殺してしまうことがほとんどになっている。
でも、自分は必ずそうしたいわけでもない。
その気持ちがいいわけでも、発信しないと何も伝わらないなって思うから。
溜めこんでしまうところがあるのかっていう自覚はあるけど、なりたくてなってるわけでもないんです。

両親の、その「正しくすること」とか「筋を通るようにすること」っていう育て方は
素直にありがたいと思っている。
確かに間違ったことではないし、それが理想的なことっていうのもわかる。
だから
今の自分のベースを根本から崩そうとする必要もないのだろうけれど
少しずつでも自分にいいわけを押し殺さないで打ち明けられるようにしたいし
打ち明けた後もその場が穏やかでいられるような 配慮ができるゆとり・スキルを磨きたいと思う。





ないものねだりかな。




また・・ 目標高すぎるかなぁ。




でも、なりたい自分に近づきたいなって思うんです。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

~ふみふみ~

Author:~ふみふみ~
結婚して、大阪へ移住。
初・関西で人の温かさを感じながら新生活を開始。

「先生」に転職しようと勉強中。
いま、通信で大学生してます。

けっこーぐるぐる考えちゃうけど
好きなことには真っ直ぐ突き進みます☆

ようこそ~

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近あったこと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。