ひだまりのねこの生活

気ままに のんびり。 でも、好きなことには真っ直ぐに。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分たちの「持ち歌」にするには?

アカペラワークショップ「Sound LeAf」の中のバンド「一番搾り」で。

アカペラを始めて4か月目と、まだまだ新米の私が
驚くことにリーダーをやっている・・!
まぁ、アカペラのスキルは全然ですけどね。
でもチームワークを高めるためにバタバタ動いたりぐるぐる考えてるわけです。

そんなバンド、一番搾り。
今、「やさしさに包まれたなら(荒井由実)」を練習している。

この原曲の伴奏、主にギターなんですよね。
掻き鳴らすかんじを声で表現すると、なかなか細かい音になるわけで。
16分音符が多い(苦笑

イントロからけっこう刻む。
曲中も、まぁそれなり。
最後もイントロ同様刻むけど、問題は「間奏」(だと、私は思ってる)。

ギターのsoloを、いかにかっこよくアンサンブルするか。
タテを揃えつつフレーズをつなげるのが なかなか難しくってね。
アレンジした楽譜(スコアメーカー)を見直して、聴き直して、
このメロディーのフレーズの本来の解釈は?と 原曲を聴きなおして。

必ずしも原曲どおりにしなければならないわけじゃなくても
バンドのメンバーが同じように納得する解釈ができなくちゃなぁ。
更に、他の部分との出来具合と差がついて浮くのもよくないし。

バンドみんなが自分たちの曲として作り上げるには どうしたらいいか?
曲全体の完成度まで考えたり、色々考えてます。

よし。
バンドのみんなに相談してみよう。
・・ひとりで悩んでも堂々めぐり。みんなで作る曲だものね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

~ふみふみ~

Author:~ふみふみ~
結婚して、大阪へ移住。
初・関西で人の温かさを感じながら新生活を開始。

「先生」に転職しようと勉強中。
いま、通信で大学生してます。

けっこーぐるぐる考えちゃうけど
好きなことには真っ直ぐ突き進みます☆

ようこそ~

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近あったこと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。